西川リビングの三つ折りマットレスの種類と口コミを徹底調査!

西川リビングの三つ折りマットレスには、いくつかの種類があります。

購入したいと思ってもどのような種類があるのかを把握していなくては、自分が欲しいマットレスを選ぶことができませんよね。

加えて、西川リビングの三つ折りマットレスって本当に良いの?と思っている方もおられると思いますので、クチコミも集めてみました。

良い口コミ・悪い口コミに加えて、種類についてもご紹介していきたいと思います。

 

西川リビングの三つ折りマットレスの種類は?

西川リビングの三つ折りマットレスの種類にはいくつかのものがあります。
たくさん種類がありますので、順にご紹介します。

 

【24+】KAIATSU Σ マットレス(3ッ折)[TFP103]

こちらのマットレスは、硬さがレギュラー・ハードの2種類があり、硬さを選ぶことができます。

レギュラーは、適度なクッション性で柔らかく身体を包んでくれ、横向き寝が多い方にオススメです。
ハードはしっかりとした寝心地になっており、同じく横向き寝が多い方にオススメです。

(WS)11×97×200cm 73,000円+税
(SD)11×120×200cm 93,000円+税
(D)11×140×200cm 113,000円+税

レギュラーの硬さは165N、ハードは220Nとなっており、いずれも高反発マットレスのかなり硬めの部類になります。
そのため、体重が軽めの方や筋肉量が少ない方の場合、腰が浮いてしまう可能性がありますので、ある程度筋力があり体重もしっかりしている方に合うマットレスと言えます。

 

【24+】KAIATSU T マットレス(3ッ折)レギュラー[TFP103]

こちらのマットレスも、レギュラーとハードの2種類の硬さがあり、どちらか選ぶことができます。

レギュラーは柔らかめのウレタンがやさしく身体を包みこんでくれます。
ハードは、硬めのウレタンがしっかり身体を支えてくれますので、安定感があります。

(WS)9×97×200cm 83,000円+税
(SD)9×120×200cm 10,300円+税
(D)9×140×200cm 123,000円+税

レギュラーは145N、ハードは180Nと、いずれも高反発マットレスの部類になります。
先ほどのマットレスよりは柔らかめですが、大体体重が45kg以上の方におすすめできる硬さです。

 

【24+】KAIATSU K マットレス(3ッ折)[TFP103]

体圧分散を追求したマットレスで、レギュラーとハードの2種類の硬さが用意されています。

レギュラーは小さいキューブが柔らかな寝心地を生み出し、心地よいやわらかさです。
ハードは大きめのキューブが身体を支えてくれるため、しっかりとした寝心地となっています。

(WS)9×97×200cm 100,000円+税
(SD)9×120×200cm 150,000円+税
(D)9×140×200cm 180,000円+税

価格がとても高めですが、寝心地がいいということで購入される方もおられます。
レギュラーは160N、ハードは210Nとなっており、いずれも高反発マットレスの部類となります。

 

【24+】KAIATSU Relatex マットレス(3ッ折)[TFP103]

こちらは、眠りを支える、3層構造のウレタンフォームのマットレスです。
防カビタイプかつ通気性に優れた衛生仕様になっており、「清潔」にこだわる方にオススメです。

(WS)9×97×200cm 80,000円+税
(SD)9×120×200cm 100,000円+税
(D)9×140×200cm 120,000円+税

こちらは硬さが1種類のみで、160Nの高反発マットレスとなります。

 

【ネオステージ】NEO STAGE マット(3つ折り)[NEO-11]

こちらは、収納にも便利な、3つ折りタイプのベーシックモデルのマットレスです。
通気性に優れたハニカムメッシュを使用しているため、ムレにくく、快適に眠ることができます。

また、日本国内で圧縮梱包しているため、衛生面に優れ、持ち運びが容易です。

(WS)110×970×2000mm 30,000円+税
(D)110×1400×2000mm 48,000円+税

硬さは1種類で、140Nの高反発マットレスとなっています。

 

【ラクラ】体圧分散マットレス(3つ折り)

こちらのマットレスは、凹凸のあるウレタン素材でできています。

上部の点が受け止めた体圧を分散させ、ウレタン下部が身体をしっかりと支えることで心地良い眠りをサポートします。

(WS)9×97×200cm オープン価格

硬さは1種類で160Nとなっており、身体をしっかりと支えてくれる高反発マットレスです。

 

【ココメイド】COCO MADE マットレス

こちらのマットレスは、BMIに合わせて2種類の硬さから選ぶことができるマットレスです。
体型に合わせて付属のカスタマイズパッドを挿入することで、体圧分散性(寝心地)が向上します。

(WS)9×97×200cm 85,000円+税
(SD)9×120×200cm 105,000円+税
(D)9×140×200cm 125,000円+税

レギュラーは90N、ハードは120Nとなっており、レギュラーは低反発マットレス、ハードは高反発マットレスの部類です。

 

西川リビングの三つ折りマットレスの良い口コミ

たくさん種類がある西川リビングの三つ折りマットレスですが、良い口コミを見ていきましょう!
具体的にどんなところが評価されているのか、要チェックです。

寝心地が良く、厚みがあるため床の寒さが全く気にならないという声がありました。
陰干しをする手間も少ないので、メンテナンスが楽だとのことです。

ウレタンマットの敷布団を初めて購入したという方も、はじめは違和感があったけれどしっかり身体を支えてくれるため、腰痛が改善したとのことでした。

西川リビングの三つ折りマットレスは、寝心地の面でとても評価が高くなっていました。

 

西川リビングの三つ折りマットレスの悪い口コミ

では反対に、悪い口コミはどの程度あるのでしょうか。
TwitterやAmazonなどで同じように調べてみました。

悪い口コミを探してみましたが、あまりこれといって悪い口コミは見当たりませんでした。
寝心地がよかったり、硬さが選べたりするため、あまり不満をもつ方がおられないように思います。

一方で、腰が痛くなった、少しナッツ類のようなにおいがする…という声もあり、やはり全てが良い評価というわけにはいかないようです。

マットレスは梱包されて届くため、ある程度色々なにおいが混ざっていることがあります。
天気のいい日に陰干しをして風通しをよくしてあげることで、匂いが軽減されますのでお試しください。

 

まとめ

西川リビングにはたくさんの種類の三つ折りマットレスがあります。
それぞれ硬さが選べたり、特徴が異なりますので、自分にあったものを選ぶ必要がありますよね。

西川リビング(大阪西川)は全国に展開されていますので、お住まいの地域にも西川の店舗があるかもしれません。

もし近くに店舗がある場合には、サッと行って実際に寝てみることができますので、自分にあったマットレスはどれなのかを見極めてみてくださいね。

先に一度寝てみることで、ネットで買って後悔した!なんてことがなくなります。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です