腰痛に西川リビング敷き布団の口コミが知りたい!良い点・悪い点をピックアップ

西川リビングの敷布団は、Amazonなどでも多数販売されていますが、良い口コミ・悪い口コミを知っておかなくては、自分で選ぶことができませんよね。

西川リビングの敷布団について良い口コミ・悪い口コミを集め、さらに西川リビングの敷布団の種類をまとめました。

西川リビングの敷布団はどれがいいのかな?と迷ったら、参考程度にご覧ください。

また、もし腰痛で困っているのであれば個人的には西川エアーよりモットン の方が値段もやすく効果がありそうなのでモットンと西川エアーの比較記事も参考になるかと思います。

表もあってとてもわかりやすい比較の記事でした。

 

西川リビングの敷布団の良い口コミ

西川リビングの敷布団の良い口コミにはどんなものがあるのか、ネット上のものを調べてみました。

西川リビングの敷布団の良い口コミとしては、暖かく眠れる、寝心地がとても良い、耐久性がある、という点が評価されていました。

床の底づき感もなく、マットレスの上に重ねて使用しているという方もおられました。

お客様用としても購入されているほどなので、やはり寝心地や価格的にもちょうどいいようです。

 

西川リビングの敷布団の悪い口コミ

良い口コミが多い西川リビングの敷布団ですが、悪い口コミもあります。
具体的にどのような点が悪いと言われているのか、見ていきましょう。

 

敷布団の価格が高いという点や、硬さが合わなかったという点、敷布団が薄い・・・など、このような点でマイナス評価をつけている方がおられました。

また、猫のおしっこみたいな臭いがする…という方もおられました。
買ってから一週間経っても匂いが消えないとのことなので、この点は気になるところです。

 

西川リビングの敷布団の種類は?

西川リビングの敷布団にはたくさんの種類があります。
Amazonなどでたくさん販売されていますが、公式サイトで取り扱っているものは、3種類です。

以下、公式サイトにて販売されている3種類について価格や特徴をご紹介します。

 

【24+】身体のS字ラインを考えた敷きふとん[TFP100]

こちらの敷布団は、天然ウールの調湿機能と、身体のラインを考えた構造がポイントです。
寝ている時の理想的な姿勢である、身体のS字ラインを考えたソフトタイプの敷きふとんです。

理想的な寝姿勢は、仰向けに寝た時に横から見て背骨がS字ライン、横向きに寝た時に横から見て背骨が真直ぐになっている状態を指します。

この状態になることを意識してつくられているため、敷布団とは言えマットレスのような作りになっていると言えます。

(SL)100×210cm 35,000円+税
(DL)140×210cm 52,500円+税

硬さは、ソフトとハードの2タイプがあり、好きなほうを選ぶことができます。

 

キューブフロート

キューブフロートは、中芯のウレタンフォームを三次元カッターで3Dキューブ型にすることで身体を面で支えてしっかりサポートしてくれます。

点で支えるタイプのものも西川では有名ですが、それよりも接地面積が大きいため、しっかりと身体を受け止めてくれます。

側生地はL字ファスナーになっているため、取り外しが簡単です。
さらに、自宅で気軽に洗濯もできるため、いつも清潔に保つことができます。

(S)100×200cm 45,000円+税
(D)140×200cm 67,500円+税

詰め物はウレタンフォームとなっており、どちらかと言えばマットレスに近い敷布団です。

 

まとめ

西川リビングにはマットレスや枕など寝具の取り扱いがありますが、敷布団もとても人気があります。
悪い口コミが全体的に少なく、寝心地の良さやしっかりとした作りにおいて評価が高くなっていました。

「西川」というブランド力もあり、多くの方から支持されているという印象です。

ただし、Amazonと公式サイトでは取り扱っている敷布団に違いがありますので、注意してください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です