西川リビングフルレーヌ敷布団の口コミを暴露

中学3年生の頃から腰痛に悩み、40歳でヘルニアを発症。
現在50歳ですが、寝たきりにならないように、筋トレやストレッチなど毎日できることをやっています。

 

ヘルニア持ちが西川リビングフルレーヌ敷布団を購入したワケ

床で寝ると腰の痛みが楽に感じられる時期があったのですが、やはり身体には良くないと考えたので、西川リビングのマットレスを選びました。

以前は活性炭シートがついている硬めのマットレスを使っていたのですが、やはり安価だったのもありすぐにへたれてしまいました。

この硬めの点で支える西川リビングの無圧マットレスを手で押したり、色々なマットレスをためしてこちらの西川リビングマットレスにしました。

低反発はホテルなどで身体が痛くなった記憶があるので、除外しました。

 

西川リビングフルレーヌ敷布団のメリット

この敷布団は、寝返りをうつときに力がほぼ必要ありません。
硬めのマットレスなので楽に寝返りをうつことができますし、辛くないんです。

ヘルニアなので背中が伸びると痛いのですが、このマットレスにしてからは仰向けでも痛みを感じにくくなりました。

しっかり支えてもらえている感覚があるので、安心できます。

西川リビングフルレーヌ敷布団のデメリット

メンテナンスの時にやや大変に感じます。

折りたたむことができないので、干す時にも布団はさみを使用したりと大変です。
持ち運ぶのも移動が大変なので、その点がデメリットかと思います。

くるくると巻いて持ち運びをするようにベルトが縫い付けてあり、そちらを利用してくるくるとまくのですが、無圧マットレスですので、反発して巻きにくいです。

なんとか巻き終わってもどうしても巻きが甘い状態で大きくなってしまいますので、実用性が低い感じがします。

西川リビングフルレーヌ敷布団でヘルニアは・・・

夜寝る時に、背中がのびても安心感があることや、楽になる感じがあります。
仰向けの時はいいのですが、横向きで寝るとどうしても点で支えにくくなるようで、あまり効果を感じることができません。

酷い痛みの時には、仰向けならひざ下に枕を入れ、横向きならひざの間に枕を入れるようにして横になるのがおすすめです。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です